チャン・ヒョク応援団“Dandy Boy”へようこそ!  ここは登録制ではなく完全なオープンサイトです。 すべてを閲覧してくださって結構ですよ〜♪ コメント等残してくださればとてもうれしいです! 一緒にウリヒョギを語りましょう。今後の企画もてんこ盛り状態♪みんなからいろんなアイディァが上がってきています。こぞってご参加ください。・・・私たちの思い、きっとウリヒョギに届きます♪

 
☆For visitors from overseas countries☆

Welcome to Jang Hyuk cheerleaders "Dandy Boy"!!
If you have any messages, requests,
please feel free to leave your comments in  English, Korean, Chinese, etc.!!
If you want your domments secret, please check the small box above "submit" button.




* 2企画同時開催中で〜す♪ 

    


チャン・ヒョク公式HP    JAPAN Official Fanclub     Cafe(naver)   Cafe(daum)   Ace   Hyukbest
チャン・ヒョク イベントレポ第3弾-その4
2008年03月15日(土) 14:30
 
【 (シネマート)チャン・ヒョク---イベント】レポート第3弾-その

 





ここは、qoochanレポートと重なるけど、是非みなさんにお話したいので。



田代さんの
「最近、『ありがとうございます』と思ったことはありますか?」
の質問に  (これは誘導尋問ね。それもヒョギはわかってる。)
考えてるというよりは躊躇しているという感じ。
「言うべきか言わざるべきか」後の反応が怖いという感じ・・・。
大丈夫だよ。言っちゃえ、言っちゃえ。
「はい、あります。」の言葉の後にまた少し間をおいて、
「私に新しい家族ができたことです。」
その答えに会場から大きな拍手が。(ほら、大丈夫だったでしょ。)
その反応にほっとするかのように、軽くお辞儀をするヒョギ。
でも、ヒョギの気持ちが伝わってきますよ。
「ありがとうございます。」って。


そのあと、プレゼントの抽選会。わたしも見事大ハズレ。
お隣さんの、「ここに来られただけでも幸運なのにこれ以上望んじゃいけないわよねぇ。」
言葉に納得しながらも、
前席の方のサイン入りの台本にやっぱり目がいく。
プレゼントもらえなくても握手した〜い。やっぱり、ファンミに行かなくちゃ!
ヒョギがお行儀いいから、誰もハグを要求しない。
お互いお辞儀と握手の交換。健全だわぁ。


田代さんが「それでは、チャン・ヒョクさんとお別れで〜す。」
の言葉にあちこちでヒョギコール。
それに合わせてくれているのか、ヒョギも椅子から立とうとしない。
「チャン・ヒョクさんどうぞ。」
の田代さんの言葉にようやく椅子から離れ、お辞儀と手を振る。

ありがとう、ヒョギ。
今度はファンミで会いましょう。きっとあるはずであろうファンミでまた。
会場を出る寸前まで私たちの方を見て手を振っていてくれた。
「ヒョギのファンでよかった。」 
....この言葉で心がいっぱいになる。


私は最終電車に間に合わないといけないので、一足早く会場を出る。
振っていた雨もあがり、そこはネオン眩しい六本木の夜の世界。
とにかく品川駅へ。


品川駅で携帯開くと、Dandy Boyからメールが・・・。
        「開演時間から2時間すぎたぁ〜〜〜!!!
        まだヒョクと一緒なの!?  なんか・・・ジェラシー感じてきた・・・」
はいはい。わかりました。今からレポート送りますよ。
お留守番組さん待っててくださいね。
おおっ〜〜〜!
どうしよう〜〜!バッテリーがない!
リアル(ちょっと遅れた)レポートが、リアルレポートが・・・。









      あの日(3/7)、PCの前でじっとリアルレポを待ってくださっていたみなさん、
      こんなレポーターで申し訳ありませんでした。
      この場で深くお詫び申し上げます。m( _ _ )m



チャン・ヒョク イベントレポ第3弾-その3
2008年03月15日(土) 14:05

 
【 (シネマート)チャン・ヒョク---イベント】レポート第3弾-その

   





きゃあ〜! 生ヒョギだあ〜!
     ほんとにヒョギだあ〜!
          あのヒョギだあ〜!
                        頭の中は興奮状態。

ヒョギはすぐに座ることはせず、
一歩前にでてみんなの声援に応えてくれる。バシャバシャとフラッシュの雨。
そうか、撮ってもいいのかと携帯を開ける。
目の前には待ち受け画面と同じヒョギが立っていた。
手が震えて携帯も震える。
思い切ってシャッターを押してみたが、ブレすぎて何がなんだか。
もう1回と思ったところで、田代さんが、「はい、写真撮影はやめてくださいねぇ。」
ええっ、そんな・・・。
でも、きっとこの体の震えでまともな写真など撮れるはずもない。
ここは、諦めよう。(ごめんなさい。みなさん)

ヒョギは椅子に座ると、
  (その椅子、バーカウンターに置くような椅子で足が長い。
   でも、ヒョギの足はしっかり床についている。ということは・・・)
いつものようにちょっとあごを前に出し前方上を見上げる。
誰もが「私はここよ!」モードになったはず。
かく言う私も、「そんなに私を見ないで。」と錯覚状態に。
会場は終始ライトがついていたので、ヒョギは会場の隅から隅まで見えたはず。
ということは、私の姿もヒョギの瞳に何回かは映ったはずで・・・。
きゃあ〜、そんなことを考えるとまたドキドキしてしまう。

トークの模様はqoochanが詳しくレポートしてくださったので、ここでは割愛。
qoochanが必死で下を向いてメモを取っている間、私はヒョギに釘付け。
qoochan、ごめんなさ〜い!

おっ、右前方にDandy Boyのうちわを持ったお嬢様お二人発見。
とっても嬉しそうなお顔して、うちわ振ってます。
今度はたくさんのDB仲間とうちわ振りましょう。
「Dandy Boyはここよぉ〜う!」って。

ヒョギのトーク中、気になったのがヒョギの左手。
自分が話すときは右手にマイクを持って話すのだけれども、
左手はそのマイクのコードで遊んでる。
指を絡ませたり離したり、巻き付けてみたり、丸めてみたり・・・。
お話よりそっちの行動が気になって、ヒョギの大事なお話を聞き漏らしてしまった。
(なんかシネちゃんの話をしてたような)
ヒョギ、結構緊張してたのかな?
そんな仕草がまたかわいくてついつい顔がほころんでしまう。

左前方出入り口に、ヒョギのマネジャーさんも発見。
いつかお知り合いになれたらなあ。

お話をするときはいつも真剣なヒョギ。
でも、話の合間にちょっことでも微笑むと、私たちはKO寸前。
このちょこっとがいいのかも。
それからお話聞いていてちらっと感じたのは、
超ハードスケジュールのヒョギですが、案外自分の記事を気にして読んでいるということ。
ヒョギの話の中に誰かが記事にした言葉を引用してたような・・・。

田代さんが
「ほんとに澄んだ眼をしてらっしゃいますよね。」と一言。
その澄んだ眼を近くで見てみた〜い。
1月のファンミに参加されたみなさんはその澄んだ眼ご覧になりました?
田代さん、
「どうしたらそんな澄んだ眼になるのでしょう。」

ヒョギは照れくさそうに、
「真面目に生きれば誰でもなれます。」

は〜い!私も真面目に生きま〜す〜!(もう、遅い?)


(つづく・・・・)



チャン・ヒョク イベントレポ第3弾-その2
2008年03月15日(土) 11:24
 
【 (シネマート)チャン・ヒョク---イベント】レポート第3弾-その


 





                    PCの不調でレポート遅くなってごめんなさい。
                   では、さっそくレポートの続きを・・・。



(携帯からの)リアルレポートを諦めかけていたとき、
目の前を整理番号1番の方が通過。周りにどよめきが。
そうよね。私のように3桁の番号があるってことはもちろん1番もあるわけで、
でも、その方は一体どの位置でヒョギを見つめるのだろう・・・。
近いんだろうなあ。こっちのドキドキも伝わってしまうくらい・・・。

いやいやそんなことを思っちゃいけない!
行きたくても行けなかった、会いたくても会えなかったヒョギラーに申し訳ない。
私はその人たちの分までもヒョギをしっかり見届けなくては。

「では、開場しま〜す。」  と、階段したから響く声。
とは言っても私の番号ではそう簡単には 進むことはできません。
ここははやる気持ちを抑えてゆっくりと、ヒョギは逃げたりしませんから。(たぶん)

やっと見えた会場入り口。
うん?何かを渡されてる?プレゼント?やったあ〜!
(後で中を覗くと「ドラマナビ(ありがとうございます)」のDVDだった。)
「○○○番から○○○番の方どうぞ〜。」 ふぅ〜、やっと、私の番。
招待状と持参した「ありがとうございます」のDVDを見せて、いざ会場へ。

さすがに会場は殆ど席が埋め尽くされ、後ろのほうに若干の空席が・・・
でも、会場狭いからきっと大丈夫。ヒョギはちゃんと見られるはず。(たぶん)

ここで、私やってしまった。
上の席ばかり気にしていたら、下の段差に気がつかず、
そこでずっこけ前方にド〜ン!(マンガの世界を地でいくようなやつです。)
ああ〜!恥ずかしい〜!さっさと後ろに行こうっと。

後ろから2列目の真ん中に陣取り、ヒョギの登場を待つことに。
一番前の席はどうやらマスコミ席のよう。
会場の左右に立ち見する方も。会場の前方に陣取るのは当然よね。
誰だってヒョギを近くで見たいもん。ヒョギの近くにいたいもん。
あ〜白髪の奥様も立ち見?
ヒョギだったら自分の席を譲るのだろうか?と気になる。
でも、前にいるということは私の席じゃだめなのよね〜。

スクリーンには「ありがとうございます」のCMが流されて、
どなたか知らないおとなりヒョギラーさんとちょこっとお話して
予定時刻、午後7時15分。

会場が暗くなると、「わぁ〜!」の歓声とともにヒョギが・・・
と思いきや、田代親世さんの登場。
みなさんの声も「わぁ〜!」から「あぁ〜」へ。
みなさんも同じこと思ったはず。
あの田代親世さんを呼んだだって。ヒョギのトークイベントに花が咲くって。

そして、田代さんが
「お待たせしました。今日のゲスト、チャン・ヒョクさんで〜す。」
と紹介すると左前方ドアにスポットライトが・・・
       そして
       右手をあげて、ヒョギが・・・
                   やってきた!
  




(つづく・・・・・)  本日午後になんとか〜


中止とします【祝!「ありがとうございます」DVD発売記念イベント】
2008年03月06日(木) 17:19

企画中止とします。


【祝!「ありがとうございます」DVD発売記念イベント】
 
最終決定

 
今回の【−“祝” DVD発売記念イベント−】は 完全中止としました。
みなさんへの当初の募集の趣旨と異なる形での中途半端な代替え企画は立てず、
完全中止
とすることにしました。
 


    前エントリーでご説明し、みさなんからのご意見を伺わせていただきそして、

    その後考えられるすべてのことを検討しましたが、力及ばすでした。

    申し訳ありません。

    みんなからの温かい激励のコメントを糧にして、次回、しっかり計画立て、

    管理人だけで進めようとせず、Dandy Boyの“基本”賛同者みんなでの

    企画進行、を心がけていきます。

    どうか、よろしくお願い申しあげます。



    明日のイベントですが、Dandy Boyの今回の企画(中止になりましたが・・)

    の参加者の中に実は何人か、当選された方がいらっしやいまして連絡をいただい

    ています。
    (電卓たたかなくとも、めちゃくちゃ高い確率です♪ でかした同胞!!)

    彼女達に現場からのレポートをお願いしました。 

    ただ・・・ぜひともリアルレポを聞きたいのは山々ですが、その場の興奮、ある

    いはヒョギにノツクアウトされてしまって放心状態・・・になってしまわれたら

    “リアルレポ”は不可能・・・となりますが(笑)

    いずれにしても後日のレポはいただける筈です。 
                      楽しみです。

    当たってくださって! ありがと〜♪



    昨夕の空港映像をはじめとし、次々とここ日本でのヒョギ情報が出始めます。
    韓国ファンの方、きっとヒョギの日本でのがんばりを応援している筈です。
    私たちも、そんな“大きなファン”“大きな思い”でヒョギを応援したいですね。

    チャン・ヒョクを乗せた風が日本列島、世界中、吹きまくりますように〜


  



 | HOME |   NEXT>>

★★★★★  
 


Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET ----- Powered by DTIブログ -----